寒色系の色の特徴

カーテンの選び方で重要なポイント

カーテンは、日差しの調整や外からの視線を遮るインテリアとして使用できるなどの役割があります。意外とカーテンを選ぶ機会は少なく、いざ選ぶとなると悩むことが多いでしょう。部屋の大部分を占めるカーテンを機能性や柄で選ぶのもいいですが、もっとも重要視してほしいポイントは色です。使用する色味によって、部屋の印象はがらりと変わります。部屋の心地よさは、カラーバランスで決まるため使用する部屋ごとにカーテンを選ぶといいです。基本的には、部屋の壁紙や床といった広範囲の色と合わせれば部屋全体に統一感がででおしゃれになります。他には、同じような色味でもトーンの違った色を使うのがおすすめです。部屋の床や壁と同系色を選んでおけば、色同士がぶつかることがなくすっきりまとまった雰囲気になります。

寒色系がオススメの理由

落ち着いた部屋にしたいならおすすめは、鎮静効果もあるといわれる寒色系です。青の系統色である寒色系は、精神を落ち着かせる効果があります。知的な印象を持つ色でもあるため、書斎や勉強部屋に取り入れると脳を活性化させ効果的です。柄がついているような派手なものは避けて、集中力を高める紫色や精神的に落ち着く青色が向いています。一日の疲れを癒やす寝室には、緑やネイビーといった鎮静作用がある色がぴったりです。興奮作用のある赤色は、寝室のようなリラックス空間には避けたほうがいいでしょう。緑色は森や葉っぱを連想するため、疲労回復やリラックス効果があり心を落ち着かせてくれます。家族が集まって食事をするリビングには、緑色やベージュが最適です。