色の配分のコツ

カーテンの配色が重要になる理由

お部屋の窓に取り付けられた何気ないカーテンであっても、遮光や防音あるいはプライバシーの保護など、様々な機能を持ち合わせています。そして忘れてはならないのが、インテリアの良し悪しを左右する重要なアイテムということ。その上、日常生活で繰り返し目にふれることになるカーテンは、人々のメンタルにも様々な影響を及ぼします。したがって、お部屋で快適な毎日を過ごすためにも、インテリアとのバランスを考えてカーテンを選ぶことが大切なポイントになります。その際に特に重要になるのが、カーテンの配色です。ソファーやカーペットといったインテリアと上手にカラーコーディネートできれば、自分好みの快適で過ごしやすいお部屋を実現することができます。

カーテンの配色には理想的な配分率がある

お部屋全体の配色をプランニングするにあたって、インテリアの世界では理想的な配分率があると言われています。それはベースカラーが70パーセント、メインカラーは25パーセント、そしてアクセントカラーを5パーセントに分けて考えることです。例えばお部屋の壁や天井がホワイトであれば、それを全体の70パーセントにあたるベースカラーとして考えてみます。その上で、ソファーやカーペットなどは全体の25パーセントになるようにメインカラーを設定します。落ち着いた雰囲気にするなら、ブラウンやグレーといったカラーがおすすめです。

この点、カーテンは壁面の大部分を占めるケースが多く、メインカラーに含めて考えるのが基本です。この事例であればソファーやカーペットと同系統である、ブラウンやグレーで配色するのが理想です。最後に全体の5パーセントにあたるアクセントカラーには、赤系統の絵画や緑の観葉植物などを設置してみるのもよいでしょう。