日差しの強い窓のカーテン

生地が厚いほど遮光性が高くなる

カーテンの主な利用目的は目隠しですが、強い日差しを遮る効果もあります。特に室内へ強く差し込む西日は室温の急激な上昇を引き起こすので、快適に過ごすためにはカーテンの選び方が重要です。一般的にカーテンの生地が厚くなるほど遮光性が高くなるので、強い日差しを遮るならドレープカーテンとも呼ばれている、生地が厚いカーテンを選ぶのが賢明と言えるでしょう。本来は室内照明の光を屋外へ漏らさないためのカーテンですが、強い光を遮る使い方は共通しているので日中に使用しても不自然ではありません。サイズやデザインが豊富なので、窓の大きさや室内の雰囲気に合わせて最適な一枚を選ぶことが可能です。家具専門店やホームセンターの他、通販サイトからも購入することができます。

明るさを取り入れつつ強い日差しは遮るレースカーテン

カーテンの中には向こう側が透けて見えるレース生地を使っている物があります。ドレープカーテンと比べると生地が薄いので完全に日差しを遮ることはできませんが、明るさを保ちながら不快に感じるほどの強い日差しを避けるならレースカーテンの方が適しています。レースカーテンの多くはミラーレース生地のように片方からの視界を遮る特殊な織り方で作ったレース生地を使っている物があるので、プライバシーを守りながら日差しを軽減させることが可能です。太陽の光の下で過ごしたいが強すぎる日差しは避けたい人にとって、レースカーテンはもっとも使い勝手の良い日除け道具と言っても過言ではありません。生地の織り方や素材によって購入費用や遮光性に違いがあるので、それらを踏まえて慎重に判断します。