子供部屋のカーテン

子供部屋のカーテンの選び方

子供にとって、大事な成長時期の多くの時間を過ごす基地となるのが子供部屋です。自分の部屋で一人で寝起きできるようになる頃には、毎日の生活習慣を身に着けたり、予習復習などの勉強をするのに良い環境を整えてあげたいものですよね。デスクやベッドなどの大型家具や壁紙の張り替えと比べ、カーテンは比較的手軽でリーズナブルな割に、部屋の印象や環境を大きく変えることができるアイテムですので、選び方一つでさまざまな効果を期待できます。小学生や中学生になれば子供の自主性を伸ばすよい機会にもなりますので、生活や学習の場に使用するという目的をきちんと説明した上で、好みの柄やデザインなど、自分で選ばせてみると良いでしょう。

親が気をつけるべきポイント

子供が選ぶ際に親が気をつけてあげたいポイントが2つあります。1つめはカーテン生地の「機能」です。部屋を明るく保ち、体内時計を整えるために良いとされる採光には重点を置きがちですが、小学生と中学生では生活のサイクルや学習時間なども異なってきますので、夜遅くに外へ明かりが漏れてしまう、部屋の内部が窓に映ってしまうなど、プライバシー保護の面からも十分吟味する必要があります。部屋の内部を透過することなく採光に影響しないミラーレースなどの素材を使用したレースカーテンや、遮光1級の生地でも、既製品やネット通販などでリーズナブルに購入することができます。2つめは「将来性」です。子供の成長にあわせて好みや目的も変化しますので、先を見越してカーテンレールなどをリフォームしやすいよう準備しておくと良いでしょう。中学生になったら洒落たデコレーションブラケットやタッセルなどを使用して個性を出すのもお勧めです。